過去の活動の更新履歴は右の目次 2段目(2019.11.5から)をクリックしてください

2022.5.17  ガイド研修会で新たなガイド資源「天白遺跡公園ひろば」の学習をしました

 ふるさとガイド協会は会員の資質の向上とガイド対象史跡のより精度の高い知識を得るため毎月1回の研修会を開いています。内容は「水野家と於大の方」の本流をはじめとしてNHK大河ドラマを利用して時代背景や人物の生き様、社会的にクローズアップされた事柄、幅広いジャンルで質疑を含めながら進めています。

 今回は郷土資料館の支援を得て緒川字天白地内にある天白遺跡の勉強会を開催しました。平成29年6月から30年1月に発掘調査が行われ、考古学解析が行われてきました。その結果、住居跡、遺構が重複して見つかり大きな集落が長い時代にわたって形成され生活痕跡が明らかになり知多半島でも最大級の規模であることがわかりました。

 天白遺跡は宅地開発事業の地域内で埋め戻しされることから、その一角を保存、復元しし「遺跡公園」として後世に残すため整備しました。3月から一般公開をしています。

 このような貴重な遺跡の総論を郷土資料館でパワーポイントを使用した学習、その後現地に赴き地表面にカラーペイントで区分された時代別の住居あとの図を現物と専門家の説明を受けながら理解していきました。また、公園断層面の写真の説明をうけました。

 今後は入海貝塚と組み合わせた遺跡史跡のガイドコースを具体化し、見学者に説明できるように務めていきたいと思っています。6月21日(火)のふるさと講座では「天白遺跡と入海貝塚」を実地研修場所の予定です。

2022年(令和4年度)の主な活動予定(参加型行事)

6月

 ふるさと講座 

   7日 14日 21日 28日 いづれも火曜日 9時30分~11時30分

           21日は天白遺跡(上記)と入海貝塚(集合:緒川コミセン)

  会場:東浦町郷土資料館 講座室

  申込み:5/5から5/31 東浦町郷土資料館 0562-83-1188

  受講料:「東浦の歴史と文化」(400円)お持ちのかたは無料

2022年3月の活動

~東浦にこんな神社があった~       

31()30()「東浦の神社めぐり」パネル展を 開催しました。

開催中に中日新聞と知多メディアスの取材がありました。                 

TOPIX

令和4月2月10日更新

令和3年8月9日(月)更新

東浦社会福祉協議会の情報誌「ご当地 かくさ~ん」の取材に協力をしました。

令和3年7月8日(木)更新

愛知県観光協会から感謝状授与。神谷町長に受賞の報告をしました。

東浦ふるさとガイド協会は愛知県観光協会から感謝状をいただきました。長年にわたり東浦町の観光ボランティア活動を積極的に行われ本県(愛知県)観光振興に寄与したことへの感謝の意によるものでした。これを励みに今後も地域の歴史と文化の発信に努めてまいります。

引き続きの新型コロナウイルス感染予防の対応をしてまいります

【基本予防対策】

 ・三密(密閉・密集・密接)の回避とソーシャルディスタンスの確保

 ・マスクの着用(咳エチケット)・手指や物品の消毒・体調不良(体温)の把握